労災保険.net 建設業・運輸業・製造業の任意労災保険

HOME > 業態別のご案内(建設業)

業態別のご案内(建設業)

企業を取り巻くリスクは、業種業態によって様々なケースが考えられ、その補償に対して十分な備えが必要となってきます。
ここでは業態別に起こりえる代表的なリスクや事故の例を紹介させていただき、その労働災害をカバーする保険商品を紹介させていただいております。
労災保険へのご加入を検討されている方はぜひご参考になさってください。

東京労働局 建設業の死亡災害事例はコチラ≫

建設業 死亡災害事例 発生状況(東京労働局 ホームページ 平成20年度データ)

【例1】 外壁修繕工事の終了に伴うビルの9階屋上で、改修箇所の確認作業を行っていたところ墜落した。
【例2】 管理責任者として勤務していた建設現場のトイレで倒れ、虚血性心不全により死亡した。
原因は過重労働によるもの。
【例3】 引渡し直前の木造2Fの新築工事現場において、被災者が単独で梯子を用いて2階壁面のテレビアンテナの調整作業を行っていたところ、バランスを崩し5.8m下の地上アスファルト上に墜落した。
【例4】 被災者は、事業場の事務所にて業務に従事していたが事務所の西側に隣接する家で火災が発生し、避難する途中高さ約1mの塀を乗り越えようとして、頭から駐車場の地面に墜落した。
【例5】 ドラグショベルにより解体したコンクリートガラをダンプに積み、搬出作業中荷台で作業していた労働者が退避しようと地上に降りたところ動き出したダンプと建物外壁に挟まれて死亡した。
【例6】 毎月100時間以上時間外労働をしていた被災者が、自宅で心臓発作を起こし救急車で病院に搬送されたが急性心筋梗塞により死亡した。
【例7】 メッシュシート張りを行っていたところ、約7m下の外構コンクリート面に墜落し病院に搬送後に死亡した。
【例8】 移動式足場に巻上装置を取り付けて鉄骨をつり上げた所、移動式足場が転倒し移動式足場上にいた作業者が転落した。
【例9】 ビル新築工事現場内において、配管設置のための掘削工事等を行っていた被災者が
作業場所から離れた位置に保管されている配管部品を取りに現場内を移動していたところ
現場敷地内にバックで入ってきたトラックと、建設中の躯体との間に挟まれ死亡したもの。
【例10】 クレーンでPC床板を吊って屋上階に敷設し、調整中に床板が外れ作業確認のため立ち会っていた施工管理員と鳶工が載っていた床板ごと約5m下の階に墜落した。

建設業は他の業態に比較しまして圧倒的に高所からの落下事故が多いことが最大の注意点です。詳しくはこちら(東京海上日動リスクコンサルティング鰍謔閨j

政府労災だけでは足りないケースもございます。


・万一の場合は企業も様々な支出を余儀なくされます。

建設業のリスク

≫このような建設作業中の事故に保険金が支払われます。

就業中の怪我

就業中の怪我

就業中の症状(特約をセットした場合)

就業中の怪我

おすすめ保険商品

日新火災の労災あんしん保険

万一の高額賠償リスクに対応 思ってもみなかった労災事故による損害賠償請求が来たら!!

高額賠償事例
  判決 業種 事例
1 約1億8,785万円 製造業 脳出血
2 約1億8,700万円 飲食業 過労死
3 約1億6,524万円 加工木材 原木落下
4 約1億3,500万円 病院 過労死
5 約1億2,588万円 広告代理店 過労自殺


その他のおすすめ保険商品

東京海上日動火災【Tプロテクション】

あいおいニッセイ同和損保【タフビズ業務災害補償保険】

セコム損保【労働災害総合保険】

労災保険.netでは、メール・お電話・FAXにて資料請求・お問合わせをお受けしております。
任意労災保険(法定外労災保険)・各種保険へご加入をお考えの方はお気軽にお問合わせください。
皆様のご利用をお待ちしております。

お問い合わせ メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 047-334-4337

資料請求はこちら

以下のフォームにご入力後送信してください。
印は必須項目です。

貴社名(屋号)
ご住所
建物・部屋番号までご記入ください。

ご担当者名
役職:
お電話番号
日中の連絡先(携帯など)
FAX番号:
Email (半角英数字)
Email(確認用)
今後、有限会社兼松総合プランニングから商品・サービス等に関するご案内(メール)を差し上げます。不要な方はチェックをはずしてください。
   
労災保険.net メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ