労災保険.net 建設業・運輸業・製造業の任意労災保険

HOME > 任意労災保険とは

任意労災保険とは

任意労災保険(法定外労災保険)とは、
万一労災事故が発生した場合に備えて政府労災に上乗せ補償する保険です。

労災とは、労働者が業務中に災害にあったり、通勤途上で災害にあった場合に保険給付するものです。政府労災とは、労働者が業務中に災害にあったり、通勤途上で災害にあった場合に規定に沿って保険給付がなされるものです。通勤災害は、業務に起因する業務災害ではありませんが政府労災保険制度の適用になるのです。また、労災の災は、災害の災のことなのですが、必ずしもケガや障害に対してのみ保険給付するものではないのです。疾病労災といって、業務が原因で病気が発症した場合とか、労働者がもともと持っていた病が、労働の継続によって、自然的な経過を超えて悪化した場合などにも、労災として認定される場合があります。

政府労災は労働者を使用する全ての事業が対象となります

原則、強制的に加入しなければなりません
また、正式名称が「労働者災害補償保険」となっていることからも分かるように、その適用を受け、保険給付を受給する為には、まず「労働者」であることが条件になります。
ですので、会社の役員及びその家族従業員、業務請負人、一人親方などは、政府労災保険への特別加入手続をしないかぎり、原則として政府労災保険の適用を受けることが出来ません。

労災保険率適用事業細目表はこちら

企業は従業員の福利厚生に気を配っております。

政府の労災保険に加入する以外に任意で上乗せ保険に加入する企業が多くあり、損害保険会社の労災上乗せ保険を利用しています。現在では政府の労災保険に加入する以外に任意で上乗せ保険に加入する企業が多くあり、損害保険会社の労災上乗せ保険を利用しています。
また、近年労災事故による労働訴訟が増え、その賠償額が高額化する傾向にあり、経営の負担になる様な高額な賠償額が雇用側(企業)に請求される判決が出ているのが現状です。
このような時に政府労災だけでは高額な賠償額に対応しきれない場合もあります。
労働訴訟に備えやはり何らかの上乗せ補償への手当が必要となってくるでしょう。

経営の安定を維持し、従業員が安心して働ける環境作りの為に任意労災保険(法定外労災保険)のご加入をお考えになってみてはいかがでしょうか?
詳しくはメール・電話・FAXでの資料請求・お問合わせよりお待ちしております。

労災事故の実態

近年増加の傾向にある労働災害(業務中の交通事故・火災など)の労災事故の実態を紹介!

詳細はコチラ 労災事故の実態

任意労災保険のワンポイント

任意労災保険は経営者・従業員をサポートし貴社のニーズに合わせて設計が可能です。

詳細はコチラ 任意労災保険のワンポイント

労災保険.netでは、メール・お電話・FAXにて資料請求・お問合わせをお受けしております。
任意労災保険(法定外労災保険)・各種保険へご加入をお考えの方はお気軽にお問合わせください。
皆様のご利用をお待ちしております。

お問い合わせ メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 047-334-4337

労災保険.net メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ メールでの資料請求・お問い合わせ FAXでの資料請求・お問い合わせ